新・エゴイスト日記(下呂市のまちづくりも考える)EX

egoist110.exblog.jp
ブログトップ
2008年 04月 07日

下呂市長選 現新の争い 2候補第一声 

下呂市長選 現新の争い 2候補第一声 (中日新聞 2008年4月7日)
http://www.chunichi.co.jp/article/gifu/20080407/CK2008040702001561.html

 6日に告示された下呂市長選は、無所属新人で元市議長の野村誠候補(59)と
無所属現職で再選を狙う山田良司候補(47)の一騎打ちとなった。合併直後の
2004年3月以来、2度目の市長選。両候補とも県立下呂温泉病院の充実や観光施策の
強化などを訴え、政策的な争点は少ない。届け出後、それぞれの選挙事務所で出陣式をし、
支持を訴えた。5日現在の選挙人名簿登録者数は、3万1188人。

 (候補者の並びは届け出順)

◆活性化へ、まず道路整備
 野村誠候補(59)無新…農林業(元)市議長・南ひだ森林組合副組合長
                ・下呂町議長・益田南高育友会長▽中京大
                 ▽小川 =自公
 「みんなで一緒になって下呂市を元気にしたい。そのために7日間戦い抜く」。
同市東上田の事務所で支持者に呼び掛けた。
 「誠コール」の中、藤井孝男参院議員らの応援演説に続いてマイクを握り「立候補を
決意してから75日。市内を回って、多くの人と話し、声を聞き続けた」。森林整備や
産業活性化などの政策を紹介し「市を元気にするには、まずは道路アクセスの整備が
必要。国や県議会の先生たちと協力しながら進めたい」とした。
 中村慈県議会議長や選対本部長を務める地元の駒田誠県議らも、「4年間のねじれを
解消させるためにも必勝を」と訴えた。

◆地方分権の流れ止めず
 山田良司候補(47)無現…市長・濃飛横断自動車道事業促進期成同盟会長
                  (元)学習塾経営・下呂町議・参院議員秘書▽早大
                  ▽森
 「合併後の4年間を基礎に、下呂市のさらなる発展のために再選を目指したい」。
同市森の選挙事務所で出陣式を開き、集まった支援者を前に決意を語った。「これまで
片時も気を休めることなく努力してきた」と強調、協力してきた市民や市職員への感謝の
言葉を繰り返した。
 今回の市長選について「政策的な争点はほとんどない。4年間、失政はなかったので、
大きな話題について賛否を問うような選挙ではない」と主張。
 「地方分権の流れを止めず、市民と一体になって、個性ある自立した下呂市への方向づけを
したい。それを判断してほしい」などと訴えた。
[PR]

by egoist110 | 2008-04-07 09:00 | 選挙


<< 選挙:下呂市長選 立候補者の横顔       選挙:下呂市長選/下呂市議選 ... >>