2008年 04月 15日

10市町議選 23人全員当選 共産党 定数2と4の下呂で1位当選

10市町議選 23人全員当選 共産党 定数2と4の下呂で1位当選(しんぶん赤旗 2008年4月15日)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2008-04-15/2008041502_02_0.html

 十三日に投開票された地方議員選挙で、日本共産党は、立候補した十市一町のうち、補欠選挙(大阪府茨木市)を
のぞく九市一町の通常選挙で二十三人全員が当選を果たしました。十市町のうち八市町では定数削減のなかでの
勝利です。
<中略>
 岐阜県下呂市では、定数二と四の二選挙区で二候補がいずれもトップ当選。無投票の二選挙区とあわせ一議席増の
四議席を実現しました。得票を小坂区で前回の約二・八倍、金山区でも約一・九倍にしました。議席占有率を
11・54%から19・05%へと大きく前進させました。
<以下略>
[PR]

by egoist110 | 2008-04-15 23:58 | 選挙


<< 日本一元気な村      下呂市:現職市長落選で副市長、... >>